We are lonely adult

情熱と若さ、それと引き換えにお金を選ぶことが出来ますか?

(天の声

精神の燃える時期即ち青春、だから年齢は関係ないそうです。欲しい物目当てに走っていたあの頃。目の前のことを夢中に追いかけていた時期。今でも昨日のことのように覚えている。いつか誰かしらのためや生活のためやらになってきて動機が濁っていったのも事実。親の世代も段々自分のやっていることに懐疑心を持つようにもなったし自分の正義を貫くことを覚えました。もうちょっと人の意見を聞いていればとも思っていたけれどマダムやミセスの出会いでそれも変わっていったな。日記の延長のようなもので始まった文章作成。単に生活を吐露しているだけじゃなかったりする。それには心の問題があったりする

初戦

今日は闇雲に外に出ないようにします。教唆されるのを防ぐから。特に今は過渡期の真っ最中だったりする。来年の春高次第でまた契約を更新しますが2年目の今年が最後になるでしょう。そうなると悔いのないようにやりたいことやろう。

集荷

あれよあれよのうちに消費。中国のパワーは凄い。個人的に桃姫のユニットは早すぎるかなとは思ったけれど。新本館のユニットもまだ早いかなとも思う。ただ大濠がここで火事場のクソ力を発揮するには賭けに出るしかない。どうも鼻についちゃうんですよ。体裁だけは囲っているよなと

怒られるのに慣れているわけじゃないけれど一生涯怒鳴られる必要性があるのは事実。上がっちゃうと困る困る

プロとアマチュアの差

好きなことやって稼ぐならそれが理想的、しかし現実は甘くはない。殆どが生活できないのが現実。ただ好きなことやって生活している人はみなエネルギッシュですよね。今度の件に於いては嫌なことをひたすら耐えていかなければ次のドアは開かないんですね。時給650円でバイトをやっていた時期は割が合わずに死にそうだった。だけれども次のバイトはかなりステップアップしていた。お金も稼げた。だからお金目当てでもなく好きすぎず程よい温度でやっていく。何のためにやっているんだろうと思ってもいいし途方に暮れても良い。ただ続けること。

とりあえず二兎追う者は一兎も得ず。プロなのかアマチュアなのか立ち位置はっきりさせんとこれじゃしんどいばかり。第三の選択としてステディという物作ったんですけれどどうですか?

愛想笑いも作り笑いも皆意味がある。大人にしかわからない状況もたくさんある、大人になるなら大人の付き合いを知ることだね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中