eS|Say

先輩、仕事は楽しいですか?

お前やる気あるの、うちやる気あるやつしか採らないから

(就職活動

20代も始まる時どうなるかというよりどうにかしてやると言う気持ちが大きかった

身体からエネルギーが漲っていました

しかし病気を発病

措置入院

閉鎖病棟

いきなりの暗転

その時にもう今の親とは絶縁するだろうなという気持ちがあった

投げ出した学校や部活は何倍にもなってきつさになって襲ってきた

あの時代の地獄を超えられるものはおそらく後数回しかない

20代は主治医との連携も取れず

何を飲まされているのかわからないくらい意思の疎通がなかった

おかげで薬を吐き出していた時期もあった

親も早めに薬を飲んでおけば入院にまでは至らなかったと

後悔というより知ることを怠った自分が恨めしいです

とにかく25,6までですか入退院を繰り返して壮絶な人生だった

初期は暴れる衝動が強くて

檻に閉じ込められている錯覚が凄かったのですよ

親に何度も出せと吐いていた

それまでの空間から全く嘘の空間に入れられたような感覚

それまでのやり方が全く通用しなかった

原因はいろいろあるけれど

説明責任が十二分ではなかった気がする

主治医が今の先生に変わって薬の説明や効能を知らせることに依って

理解し妥協し服用するようになり入院がなくなった

20代のライブラリはまだ空ける気にはならないんですよね

ドグラマグラ知っている人もいると思いますけれど

あれくらい奇書になる

チルプロが動き出したころにようやくこれらの意味が浸透します

巷ではライフワークと呼ばれてはいますが

(最近は別の方向に向かいつつある

とにかく説明責任がなかったのと自分を過信しすぎていたのが20代

何のためにこんな施設に隔離されなきゃいけないのか

答えが出るまで10年以上待つことになります

方向

昨日文章を振り返って、若のように気持ち悪いくらいに趣味に拘泥して

ドル箱になるより

真面目なこと書いて告白してしっかりした支持を集める方が良いんじゃないかなと

愉悦に走りすぎて

メインバンクが破裂してしまった

僕が筆を執る時は愉悦路線ではなくて

リアル路線を推奨していきます

入院しているときに隣の患者さんに中村君が生きている間にいろんな薬が開発されて

治ったように動き回れる日が来るからと言われて

今いろんな薬が出ているじゃないですか

それらも試しては行きたいですね

症状で怖いのがこれなんですよ

切り刻まれるように抑圧が襲う

これに遭遇すると何もできず

罹患した人はわかると思いますが為す術もない

原因は躁状態のリバウンドなのか環境なのか

定かではないけれど

一言では語れん症状だね

心の風邪と言われるけれど

インフルエンザに近いよ

まとめ

いかがでしたか

気の滅入る話もあったと思います

ただ誰かの目が気になるのは確かなんですよ

チルプロも一段落着きそうなので新しい方向に向けて

やろうとしたときに若の解任

タイミング的にやるなら今でしょ

戦うのなら画面の奥ではなく現実でありたい

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中