HIDEBU

もはやコロナなんて言って経済止めるわけにはいかんと

(三河島屋のオヤジ

壊れそうな5日間が明けてようやく元に戻れる。これ妹夫婦が戻ってくると思うこと、このチルプロ自体祖先に対して罰当たりな行為をして起こしたものなので自然に自分にパニッシュメントが起こる。もはやコロナが蔓延しているだけで免れる刑じゃないんですよ。母親の嫌な部分を存分に見ているしこれが現実なんだ。しかし自分のdレベル上がる、世間幸せになるのは事実なんですよね。しかしうちの家系はメタボが多くて画的に説得力がない。もう少し大人になりたいとも思う。実際自分の中で変化は訪れている

広末

ウリ坊が今にも消滅しそうなので彼女に負担がかかる。思えば英雄の名を馳せていた彼がこんな結末になるとは思いもよらなかった。怨恨の類でしょうかね。一辺倒なやり方に反感を持っていた人は少なからずいる。彼がいなくなってどういう世の中になってしまうのか?頭の体操になるので考えてみてください

コロナの後遺症

まだ完治してませんが痰が切れないのが困る。この痰も無色透明でバイ菌と戦った後がない。味覚障害や嗅覚障害、倦怠感などもあるそうじゃないですか。この病気かなり厄介だ。携帯もコロナコロナ鳴っているし。もはや何処に行ってもヒデブ

最近

集荷も滞っているし、新しいことやらなくなっている。口を開けて待っているわけじゃないんだけれども新しい事ってそんなに転がっている世の中じゃない。今年はインハイの陸上が概ね良かった。洛南の猛ダッシュにはたじろいだけれど、しかしバレーもそうだけれど実力だけで渡っていける世の中じゃないのも事実。世界の何処かでイレギュラーが起こる。恣意的にも。まぁ日頃からの御恩と感謝と思えば負けることも怖くなくなるのか。。。そんなことないか。

今年はいつもの2〜3倍は練習量増やしたのでかなり練磨されているという印象。激しい練習に耐える=精神的にタフになる。これ重要で飯塚の時も強行した結果、かなり戦闘力が上がった。メンタルの部分で勝てそうだとか自信があるって重要

しかしスペースも含めてこれ以上はあまりヘップは期待できないかなファミリーツリーを作って全然歯が足りないよって思った(設置場所)妹、母、父、姉、今度は祖母を作ろうと思っているんですがなかなか上手く行かない(反発する声が大きい)それだけネタの枯渇に苦しんでいる。マニトゥも慎重論が多くて今は滞っています

マダムが去ってからというもの自由な空気はあるんだけれど束縛される快感も良いかな。出会いというものは奇妙なもので別れの後に出会いがある。だから新たな扉を開けたと思えばいいんだけれど

いくら母親とは言えど信じられるのは自分だけだそう感じました。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中