Passion

情熱に情熱にお値段つけられない

(宇多田ヒカル

アストンを開封して思うことは前半のGT-Rとは次元が違うなと言った印象。来季も否が応にも期待してしまう。妹も欲しそうな目で見ていたけれどね。やっぱフォードで痛い目に遭った時点で自制を覚えた。思うにツイッターがついていたのはブログの顧客を丸抱えできたことですかね。日ハムもぐんと強かったし。今はク○ゲーの温床地帯だものね。イーロンマスク氏が立て直すって言っていたけれどあれって白紙?どっちにせよ運だけで世の中通っちゃいけませんぜ。

マスコミの逆襲

これは前から言いたいことなんだけれど、実況解説は要らない。散々人の頭弄った後に最後に修行が足りなかったなと突っぱねる理不尽の極みなんだねホークスがそこそこ強いのも自彊館の戦績あってこそなのにこの矛盾が僕を苦しめている(自彊館は虐げてホークス(金)は養護する)自彊館の応援そのものは止まないんだけれどそもそも何のためにやっているのかがわからんくなった。金は欲しいしかし因果は潰す。じゃどうすればいい?真正面からぶつかっても何故か虚しい

土台基本条理から降りている人間は破綻するからもういいやって思うけれど俺の周りにも寄ってくるからね。来るもの拒むと駄目になる。

今の上司は腎臓様で自由に書いていいと言うもののやっぱり規制垢にはなっている。言論の自由といい職業選択の自由といいこの世の中規制だらけだけれど

おふくろは相変わらずのらりくらりのらりくらりだし。TVの実況は容赦ないし。爆発電話も怖い。この恐怖や理不尽に揉まれると人間強くなれます。いや確信しています

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中