Old boy

負けるが勝ち、よく言われるけれど俺は尻尾を巻いて逃げるのがとても嫌だった。だけれども戦わずして勝つ方法ならこれ以上の効果を持った戦術はないと思うよ。馬鹿な戦いは辞めたんだ。

(中年の手記

アートマンのお見舞いに行きたいんですけれど面会謝絶。よくよく考えると尽くしてくれた人に恩は返さないとだけれどパーソナルエモーションはディスライクだったりする。大人の付き合いってこんなものでしょう憎悪を胚胎しても嫌悪を胚胎していても笑顔で接しないと後赤十字のことで相談があるんだが。。。そもそも女性の問題を打ち明けるのって少しセンシティブ。マルティーザーの問題もそうでしたが世の中若いねぇちゃんと美人だらけになったら気持ち悪いでしょう。おばさんや○スも要る。妙に納得できる自分がいるんだ醜美あっての世の中だろうにというわけで行きましょうか

インハイ

空手とボクシング、バレーは出場が決まっている。特にボクシングは宿敵日章がいるから少し燃えるね。プロ化計画が始まってはいますがNICUから夢だけでも見させてくれと要望がありこの路線も無意識で続けます。マダムがいなくなって弱体化が進むのかなと思っていたけれど別の意味で開き直れた

集荷

予算も来月以降ですが買うものが特になくなってしまい身の回りのものを買おうと思っています。靴の摩耗が激しくて一日3000歩くらいに減ったけれどそれでも結構歩くんですよ。したらばも飽きてくるかなと思ったけれど鳥や植物、虫の存在もあって環境が刻一刻と変化する。

相美

失速感が否めないけれど愛子たちや若子たちと比較して行動力が半端なかったなと今では思う。迷いがない分スイスイ思うように言った。とりあえず個展が開けないと話にならないと言うし。旗艦店もいつの間にか名義が変わっていると言うし。ついていないと言うより大人社会の残酷さを思い知っている。挫かれるのは一人前の証。後はどうやって這い上がるかなのだ

ローン

SSCやファイヤーチップ。八力。色々あるけれどマダムが一度デフォルトになることを勧める。別に自己破産ではなく自分の抵当から外したほうが良いと特に借金まみれになると金銭感覚がおかしくなってしまう。とくに母親の教唆が著しいので。そしてこの駒を運営する上で財布が幾つあっても足りないので自助努力が出来ない部位はまず市場から退場してもらうともこの辺りが市場の目なんです。出来た当初運営なんて考えてもいなかったからう〜ん

新本館

福大病院に新しい建物が。とはいってもファイヤーに福音は聞こえるのだろうか?3部はまさに福大病院のDCだったわけで30代の学校でしたよ。とはいっても燃えるような感情はなかったんだけれどね。10代の高校時代は昨日のことのように覚えているけれど30代のDCは灰色だった(美人がいればなのか?)楽しかった思い出はたくさんあるけれど特に福ちゃんからは色々力を授かった。本音で言えば大濠も応援したいんだけれどおいらは灼熱の青春時代に身を投げるのさ

10代はゲームショップに行って嬉々とCD-ROM買っていたけれど30代は早朝の配信をずっとテレビの前で待っていたものこの現場の空気と臭いこれが30代にはなかったのよ無臭とまではいかんけれど鼻にツンとこびりつくリアリティがあったよな昔は

時代は戻らないがあの当時も空気を忘れることはないだろう

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中