国際 VS 自彊

頭の鳴った音が即座に弾けることが最大の理想である

(ギター

ギター動画YouTubeで阿保みたいに見てるんですけれど

それにしてもプレイスタイルによって変わってくなぁ

テレキャスの良さがわかっている人は馬が合うよ

(でも要らないけれど

あぁサウンドバリエーション、弾き易さ、チューニングの安定

考えるとパシフィカになっちゃうんだな

ただ買う金が無いから(後禁止状態

3万あったら実験色々できるしな

最近ヤマハはアンプと言い良い仕事をしている

ワイヤレスのシールドと加えると昔の環境と別物だな

当時の自分達はモデリングが流行っていたのですよ

今でもバリアックスやPODの後継機種がありますけれど

ソルダーノやマーシャルのシュミレーター的な

だからあっ〇〇ってこんな音がするんだって

手にする過程が抜けてはいたけれど今でも嵌っている

菊池の凄さはここにあったのかなと

もう一方でサンプリングのMPCが並んでいて双璧だった

これは今では嵌っていないけれど

当時は楽器としてもサンプラーとしても破格だった

僕は1000まで付き合いましたが当時はニッチだった

今はソフトウェアとフィジコンでいいかな

ギターが消えない理由

色々理由はあるけれど音を出すまで奥が深い後練習

弾き語りも含めてここまで万能な楽器はないと思う

モデリングアンプもサンプリングもエコノミーなのです

人間は努力しないで得るものにしょうもない喜びしか感じないのです

努力することがダサいと思い始めている最中

ギターの存在は希少だな

そういうわけで一生モノの趣味にしたいけれど

途中で投げ出したい時もある

あぁいかん前置きが長くなりすぎた

じゃ行きましょか

ドレスデン

AV嬢が甲斐甲斐しく貢ぐ

エリカも別の方法でアプローチしている

思うにBlackLineに投資したものはどうなるんだろう?

毎週毎週従業員解雇しているし

我々も罰が当たったと矛先を完全に変えている

それにしても宗主が現れているのに統領が現れない

無論僕じゃないですよ

ただこの静けさが不気味だな

誰かわかります?

100メガSHOCK

ネオジオ

MVS、家庭用ロム、CD、CDZ

ようけ作ったな

同じゲームがこんなに

ただCDのワールドヒーローズの一括ロードは良かったらしいね

後はロード地獄

ロムは3万円くらいしたから買えるもんじゃねぇよ

ただこういう無駄にバブリーなものが亡くなっちゃったのは事実

最近じゃロムカセットを復活させてくれと思うときもある

カセット入れてポン出し

これくらいシンプルで良い

クラシックミニも食指が伸びない

実機買って中古でソフト漁った方が。。。。(まぁ天邪鬼ですが

最近はサッカーゲームやセガゲーをやっています

任天堂のゲームも頗る評判はいいけれど俺の精神年齢(中学生)が

もういいかな

ルービックキューブ

結構暇なときに弄っている

ただ全然上手くならない、頭の体操というよりなんか暇つぶし

愉しい物でもないけれど何かやってしまう

世界大会もあるらしい

これはスポーツか?マイスポか?

囲碁将棋

自分で指すのではなく見る将が多い

中盤から終局迄の攻防が好きで相手の引き出しが如実に出る

羽生は桂馬の位置を見て打つらしいじゃないですか

見ていて楽しさが別格なんですよ

アカデミー

今一番揺れているのが彼女達

ここで神輿を担ぐと自彊館に背くことになる

ただFBや国際試合、薬の兼ね合いも考えると

自彊館のマーケットは小さい(日本代表になれなかった)

この自学から派生した組織は

受動的に教育を受けてきた高校大学と違って

思い入れも愛着も誇りも違う

今回コアを入れるわけですが

彼女達がどう捉えるのか

要は経験のない人間がいきなり上に立つようなものです

校長がいない=アナーキー

自学の定めか手探りでやる

自学の内容

例えば時計を眺めます

数字が並んでいる

なぜこういう配列なのか?円形に並んでいるので3の対称は9

24時間で考えるとなぜこんな数か?

普段なら考えないことをただシンプルに呆然と眺めながら考える

するとどこかで答えのようなものが出る

要はこれは何なんだろうという当たり前を突き詰める

寝たきりだった時頭上にあった時計が教材だった

ただ眺めて疑問に思うだけそれだけで最初は自学だった

学校辞めて放蕩だった頃

総括

サイバーコマンドがそのあと無性にやりたくなるんですよね

ようわからんけれど

本なんてとっくに解脱していたし

テレビやゲームも本心では愉しめてなかった

自分にしかわからないものが増えてくたびになぜか喜びがあった

殆ど幼稚園保育園児レベルですけれどね

ただアカデミーがネズミ算式の偏差値を求めたことは意外だった

やっぱり男をとりゃにゃあかんのやけれど

君達も好きだから看過できない

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中