小宇宙

複素数ができて数の拡張は要らなくなった

(数学

これで完成ですか?

うん、もう発明は当分ないだろうな

テーマは人生の岐路なんだ。ATが年代別に分かれていたように

母親と初めて出会ったとき、妹と出会ったとき

病院に入院したとき、ダイキャスト路線に目覚めたとき

節目だな

特に入退院は5回はくだらないだろ、おかげで処理に大変なんだ

太陽系を回り、銀河をめぐり、宇宙の果てがある

三層構造にもなっている

当分はこれを遊びたおしてやっていこうと思う

じゃエンジンかかってきたと思うのでいっきまっしょう

さっきの続き

時計も近い構造なんですよ短針、長針、秒針

3つの構造でできている

ただ僕の目覚まし時計には動かない針がある

そう目覚ましセットする針ですね、これを表現できないのが面映ゆい

ゲリラ的に移動させてチリリリンと鳴らせるし

今後の宿題になってしまった

バディ

予定ではオリパラの後になると思います

驚安とミクロがモチーフ

マクロの世界は予測できるそうです、ただミクロは予測できない

ここに来て不完全事象を取り入れることは

未来からやってくる人間に懲り懲りしているから

既に結果を知っているしね

何とかこっちも対応したいのよ、どう変化するかわからないぞって

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中