解けないパズル

徳川300年の歴史の果で時代は狂になった。それを打破するには我々も狂にならなくてはならぬ

(桂小五郎

時代は変わったとは言え、本質は変わらないかも。僕の生活も20年前からアプデされてない。軸モデリングもたしかに新しいけれど最近ドクターストップがかかる。この世は必要悪だらけだ。安心安全なんてよっぽどつまらないかおかしい。じゃ、行こうね

マニファクチャー

若子達の異名。アートマンは最初から物に固執することで死ぬほど欲しいものを作った、結果2年サイクルだけれどバリバリの指導者ができる。最近イニシアチブを執る人間は増えたけれど世界規模の人間は此処だけのような気がする。総理大臣、大統領。なろうと思ってなれるわけもなくみんな罵詈雑言だけれど頼るしか無い。色々我々もやってはいるものの、愛子は皇族だし、圭は日銀総裁だしどうもオンリーが多い。とは言え初期の計画では御三家を拵えてBYEだったので当然と言えばそうなる。

何が言いたいか、自分の初期の詰めが甘すぎた。これくらいの人材後になってしこたま出てくると思った。結果能力はあるけれど自分があまり無い人間にあふれる。少しくらいエゴイストでいい。後になって巨大なエゴはみにつかないとわかりました。

計画はマダムの助言どおり少し控えます。ラインは全部消さないけれど。日本は海外に比べてインフレは進んでいないと言うけれどやはり少々高いと思う。円安も相まって海外で仕入れようと思わなくなりつつある。戦争もある程度目処が立たないと世界経済がめちゃくちゃATとACの戦いは宗教戦争に近くアメリカの感情をも揺さぶる。要は出口が見えない

テレビやネットではあちこちから悲鳴が上がるけれど外を散歩して家に帰るとそれらが奇異に映る。それだけ日常と乖離している。

ともかく無いものを競ってもしょうがないと若子は言う。我々のノードはどちらかと言えばロシアより、かと言って支えてくれる人はウクライナより。どんなに弄っても出ないものは出ない。誰かが被るしか無い

最近、目の前に現れる人が最適解だと思うようになった。昔は藻掻いていたけれど。神格化された女性が目の前に現れるのが何よりの救いです

ホント、モデリングみていても最適解がないのよ。答えがあるわけでもないし。否、既に答えなのよ。だからどこから見ても無理。世界全体が取り組まないとこれは無理

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中