僕の音

酷いことするってのはな優しさの裏返しなんだぜ

(泰造

昨日の更新で体調を崩してしまった。わかってはいながら不覚。でも人生こうやって体験で習得すると身がもたない。やはり他人から学ぶ方が良いですよ。強烈な見本がいっぱいあるのでそれを見て学習します。朝はなるべくテクノロジーの話はしない。

近江

何だかんだ言って計画は進んでいる。途中で聞き返そうかと考えたけれど何でも全ての意見を耳に入れる必要があるって。どこもアプデの雨嵐だけれどね。ヘップが起きにくい。ATが飽和状態になってACにテコ入れしていたらドクターストップがかかった。戦況が芳しくないと。個人的にACはかなり肉薄するくらい面白くなっていった。CMのディスクはパンパンなのにお薦めはできないんだけれどどうしても活動が活発なところに行ってしまうのよね

TAS(自彊館)はそこそこ。想定外でも想定内でもない、野球でお腹いっぱいになってしまった後遺症か追いかける体力があんまりない。練習は継続してやっては行くんだけれど。やはり周りの目がだんだん厳しい。時代が変わりましたと言われたけれどそこから新たな次章が始まったし。

関東資本でやっているんだから東京でやれよっていう声も聞こえるような気がする、日大が最初に群がってきた理由もマダム達が東京の人間だったことも色々気になることがある

正直甲子園が頓挫したのは複雑だったけれどこれでいいと思った。やはりお金は大事綺麗事を言うつもりはない。財政が破綻すれば元も子もない

僕らの音

山本入荷して厚みが増したかなと思ったけれどすでにポスティングの話題がある。メジャーが狙っているんですね10年に1人の逸材だと一昨日胴上げが終わったあと一時金は出たけれど雇用形態が大幅に変わってしまったと嘆いている。ネジの一本一本にも査定がつくようなものだと。特に我流で進んできた自分のノード。一部の人間だけに受けるんだろうなと思っていたけれど。よく考えるならこの路線のほうが自彊館より肌に合っているような気も

今は高校を考えている途中ですね。どんな柄の服が似合うのか。もともとミュージシャン=フリーターと言う肩書で自分でも人力飛行なのは間違いない

音楽と文章は切り離せないものと捉えていて自分でもキーボードを演奏するように叩いています。最近これが効いていたんだなと思う。

というわけで三河島屋の親父はここが主戦場になると言っている。今の今まで見る気もしなかった部位に皮肉にも眠っている。そういえば売れる売れないを気にしている時期はひたすらだったけれどやはり青かった

無限回廊を渡っている気分でもただひたすら歌う

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中