高校時代  VS  在宅時代

長い間そばにいてくれてありがとう、一生懸命歌います

(アンジー

ラーメン店で働いていた頃、お客に接客のことで悩んでいることを相談したらお客さんの額に700円、600円と書けばいい。と言われてそんなん割り切れるわけないよと思った。後で親父にも同じ事を言ったらそうやんそれが普通よって商売って数字さえ働けばいいのね。行人偏に十って書いてと説明していたら違う違うそんな難しい話をしているわけじゃないって得ではなく徳の話すら出来なかった。今の葛藤に近いものが在るんですよ。大人って大仰に自分を見せたがるけれど本質は金権じゃないか。あれ以来アマチュアとプロの境で狂っている自分がいる。結局シンプルに数字だけを追いかけているとすっからかんになってしまう。かといって自分のこだわりを出しすぎても生活できない。ブログを始めて15年以上経つけれど結局民意に支えられているのだから歯がゆい思いと悔しい思いが交錯しながら毎日書いている。答えなんてないんだ。以上

う〜ん、働くなら徹するしかない。あくまで金ではなくキツさを享受するそれが次の扉に繋がっているのなら。テレビという洗脳装置で始まる。(親がしきりにテレビを付けるんですよ)これを逃れると大分から台風がやってくる。生活そのものに無駄はなかったりする。しかしテレビ毎日見ているけれど次の日にはすぐに忘れている。総合的に見ると時間の浪費だろう。昔は娯楽も少なかったけれど、猿のようにテレビゲームや深夜放送、煙草に耽っていた。若さゆえのつけを払わされている。街に出ても迎えてくれる店は殆ど無い。ただ思うことは俺の人生夢のようだ。(朧気な意味合いで)

4部を作った時にしっかり契約するのを忘れていたよね、文化の保護だけは。クソゲーの乱発で昔のものばかり拘泥している。親父が一日中家に常駐しているので楽器は疎か彼女も呼べない。人のこと言えないけれど人の集まる場所に行きましょう。ほとぼり冷めたら原付きでも買って何処かに通おうかと思う

自彊館

今日が泣いても笑っても最後の試合になりそうです。野球偏差値がやはり低かった、始まったばかりですまんけれど相手には決勝戦のつもりでかかってくるように通達している。生活そのものが狂ってしまう可能性がある。この辺りはプロで決着をつけるべきだ。セブンズはモンスラーと初のスタッツが出てくる。どっちも応援しているけれど40代の在宅ワークはモンスラーを除いては語れない

金貰ってんなら商売だって言うけれどホントは凄く虚しいんだ。女性にプレゼントを送るのも金額を気にしているし、マダムも投資信託を勧めてはいるし(表には出さないけれど)世の中単純なのか?だが嫌儲もいるし世の中ワケワカメ

矛盾と不条理に揉まれてどうにかなりそう。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中