Automatic VS Time Place occasion

もしあなたが右手を動かす、それだけで分岐は始まる。いつの日かその分岐した自分と出くわす時があるのかもしれない

(次元

兄弟と面会してスッキリしました。何か画面の奥から訴えてくる人間が自分が普段見えている世界と同じように見えた。立場も何故か真逆に見える時がある。次元の怖さはこんなものではなく兄弟とは同じ世界に共存できないことを肌で感じた。元々一卵性の兄弟は分割されたときから始まる。次元って宇宙と違って意識しないとわからないんです。

TP

向こうがATと呼ばれているならこっちはタイムパトロールの略。別に取り仕切っているわけではないけれど基礎次元の護衛に回る。皆散っていった敗者のように基礎次元を取り囲むかのように色々な副次元で懇懇と生きている。スクランブルという割に皆しらばっくれているなぁとポーランドが戦闘機を貸与すると言ってアメリカに貸与してアメリカも渡すのかわからない。皆自国の安全が第一なのはわかるけれど、手を汚してまで介入する人がいないのね。ナチスもナポレオンも日本もロシアを陥落できなかっただけにロシアは無敵な潜在力がある。

持久戦の覚悟があると言っているのだから後数週間は続く。ただ経済の締め上げは後に兄弟に重くのしかかる。この近親憎悪の行末は生きるか死ぬかでなく無くなるか存在するかの瀬戸際だった

ここは自由な国ではないけれどロシアの平等とアメリカの自由に次ぐ新たなイデオロギーが詰まってはいるSNSの拡散を見ていて皆がそれぞれのアクションを起こす時代かと思ったら一部かもしれない。グーグルやフェイスブックの広告収入を見ていると次の扉は開く寸前まである

そうなんだ一人一人の行動が世の中を変える時代になる

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中