神社

どこにいたの?探してたよ

つれてってつれってって

何もかも捨てていくよ、どこまでもどこまでも

(きらり

昨日は色々あったような、これくらいなら50点くらいは自分にあげてもいいかな及第点。ただ大人の生活って淡泊なうえに自発性がかなり求められることに気付きました。やろうと思ったら即やらないと、と言うわけで善玉菌なりに少し不健康なことばかりやっているけれどこれがジャストかな。じゃ行ってみますか

月に一回は氏神にお参りしています(本当は少ないかも)と言うのも親戚でジャンキーに近い人がいて(割愛)第三者を見るとまだまだ尊敬できる人っていますけれどたっちゃんの周りにはZ地区の住人が多い気がする。

洗礼

丁寧に剃りまで入れてくれたわ、あの女。次にリベンジするときは同じような痛みが必要だ。しかし(割愛)奥が深いなぁとは思う、あんな人間でも氏神になれるんだものね。氏子の顔が見たくなる。

若八幡宮

スポーツでもなれるんだなぁと思う、ただ若すぎるかな人生40年足らずじゃ達観すらできない軍神もいるけれどやっぱりカリスマ的なものが潤沢にある、彼もそこまであるんだろうけれど、拝んでもらう人間がいるってことはそれだけ名誉なのです。そういう意味でも最近は目を見張るものが多いよ

崇敬神社

母親の勧めで新興宗教のお札を入れている、これが非常に困る。部屋にはお布施の後の雨嵐、別に新興宗教を否定しているわけじゃないんですがカルト教団で悪いことばかりやっている、いわゆる反社会集団。こんなんじゃ日頃の神棚にお参りしていることも少しやるせない、いつか家に乗り込んでくるんじゃないかと心配

堀出稲荷神社

ここが崇敬になるのかもしれないんですが、商売繁盛の神様だからね。神社の境内には名前の書かれたのぼりが沢山、元気をもらう反面隣には護国神社が同義から言えば個人主義に走っている場合でもないのだけれど

鳥飼八幡宮

実質ここが氏神の本部、お札を買う時もここで買っている自分の街の氏神はここの支部らしい、昔住んでいた氏神だけあってか縁が深い気がする

まとめ

賽銭持っていなくても手を合わせることだけはしたいものですな、社は奥が深く将来自分の近くに祀られる人が出てくるかもしれないスポーツの力でのし上がった東福岡って凄いな、イランも凄いけれど。カリスマってどうやったら身につくんだろう

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中