B’z、プレステ、マガジン

まるで無限回廊のような夢を見る

やれ受験だの親孝行だの

そんなに私は間違っていた人生だっただろうか

(中年の夢

夢の反作用が大きい時は落ち着くに限る

特に深層意識で未練があるとよく夢に出くわす

言い換えれば気にもしないことは出てこない

特に大学受験は鬼門ですね

18当時アッパッパーだった自分にそんなに重要なことは出来ず

漠然とした恐怖だった

学校は七時四十分には始まる

そのまま帰るのが寄り道をしたら午後7時くらいになる

よく授業レベルが低いと書き込まれているけれど

確かに黒板に書かれていることをひたすら写して

模試を解くことばかり

塾に行く必要が無い、と言うより暇があるわけもない

偏ったものばかり食べさせられた経験ですが

進路関係は厳しかった

と言うのも学校も戦略の一部分と捉えていて

宣伝にもなるし名を売ることにもつながる

独りで推薦貰った人間が

律儀に色んな私大を合格しては数を積み重ねていた

国立は現役が重宝されてこれも戦略の位置づけだった気がする

当時は良い思い出がなかったのですよ

あるとすれば娯楽の話題

友達とテレビの話題やネオジオやプレステの話題

B’zやミスチルも全盛期だったし

あれから逃げるように大学に伝手を求めたけれど

振り返って思うことはその時その場所その年代

返ってこないことです

実は自彊館思い入れはあるけれど

辛いことの方が多かった

男子校と言う真空パックされた環境は今思えばよかったんだけれど

まとめ

う~ん終始思い出

ただDCの思い出とか言われると殆ど披露することなどなく

大人になっちまうと他愛もない話題も出来ない

心ひらける人間って少なくなるのよ

同年代なんて稀有だし

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中