時間旅行のツアーはいかが

南極地域に入ったら簡単に出ることはできません

また現地の物を持ち帰ることも禁止されています

(僻地

アフリカが人類最後の大陸だと言われてはいますが

秘かに南極だと思っている

あの地理にあると世界の至る所に目を配ることが出来て

夜が明けない都市になる

大航海時代に世界の至る所が発掘されて植民地化されて

それから産業革命が起きた

今度は宇宙ですかね

宇宙の砂を持ち帰ってきたというのは宇宙から物資を輸入したようなもの

資源も宇宙から輸入する時代なのかな

造れないものがたくさんあるらしいです

よく私が生きている間に宇宙旅行できますかっていう人いるけれど

おいらは行く気がしないな

でも月面に基地が出来たらトータルリコールのように火星に住む事だって可能らしい

何か宇宙の話をすると怖いし不確定な事実なんだよな

取り敢えず独りで新幹線や飛行機に乗れるようになろう

じゃ行きましょか

POM

南極

モデリングはしています

Zエリアになる(解説をしたいところですが割愛します

だから少しというかかなり異質な面がある

(揃えていて気味の良いものじゃない

オーラスになって身を引き締めなきゃならん時間にこれが出ると

因みに安い手で何回もあがる人いますよ

そっちの方が稼げるんだけれど

ファンタジーが無い、だから価値が薄っぺらい気がする(私見ですので

菊池も天和ばかり狙っていてもうこれ以上策がないのかな

一度っきりの人生振り込まないと

あぁ麻雀のネタではなくて例えです

ラグビー

サッカーが将棋ならラグビーは囲碁

だから陣取りなんですよ

キックで相手の陣地を脅かすのもそうですが

スクラムがカギを握っている詰碁に近い感覚かも

最初は手っ取り早くキックで始めればいいのにって思っていたけれど

スクラムが機能すると上手く行くものね

もう個人的に花園とスーパーラグビーがあれば良いかな

正月に花園を見ながら一驚するのがたまらんのですよ

セガゲー

個人的にこんな体質になるとは思わなかった

40超えてゲームを続けるとなぜか任天堂に走るのが嫌になる

とは言えソニーのゲームも受け付けれない

ジェットセットラジオフューチャーはやっとくべきだった

未だにオラタンも面白いし

大学の頃、ファイティングバイパーズ2をやった時映画に匹敵するなと思った

とは言え当時はまだ任天堂もSCEも好きだった

あれから20年

カルキ臭くなった

(無論趣味がよ

カプコンも逆転裁判、モンハンまでは輝いていたのに

コナミはギャルゲーメーカーになっちまったし

バンナムも株式会社鉄拳になってその後の事は知らない

最後まで残ったそれがセガ

特に実験要素と大人への配慮が自分を引き込んでいます

セガのハード今なら買うかもしれん

無論思いで商売は抜きにして

まとめ

エッジが無い話題ばかりなんだけれど

最近はこんな感じでまとめてくれと上からのお達者です

ネタが無いのなら書かなくていいしね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中