愛想笑い

正直者が馬鹿を見る

でも嘘ばかりが通るほど世の中単純じゃねぇんだよな

(みつを

統合失調症と診断されて

いまいちピンとこなかった

昔は精神分裂病と呼ばれていた

将来的にL-ドーパ分泌過剰症と言われると言う

脳内部質のドーパミンが過剰に分泌されると

幻覚や妄想が激しくなる

それと躁状態も味わえると思います

薬にはドーパミンを受け取るレセプターに蓋をして

ドーパミンを遮断する

リスペリドンはまさにこれをやってのけている

ただ手足の震えが起きるじゃないですか

その為パーキンソン病の薬も飲んでいる

何か矛盾しているような気もするんですよ

ドーパミンを遮断して強すぎたからドーパミンをまた補って

昨日鬱が怖いと言ったのは躁が起こった後必ず落ちるからなんですね

躁はもう我が物天下ですよ

俺は唯一生きているぞって

薬と向き合う内に脳内化学伝達物質が目に留まりました

L-ドーパ分泌過剰症って凄く合理的な病名だと思うけれど

本質は分裂病だと思う

精神が統一できないほど錯乱している

100人に1人罹患するそうです

そんでもって主治医は僕の病気を国はあまり認めてはいないとも

なぜなら数が多いから沢山のお金が要るからって

意外と身近な病気でもあるんですよ

この病気は神経の病気だと言われています

路線

昨日何度も自分の書いた文章を読み直して

思ったことが市場の波風も立たない

けれど実直な話伝えたいことがある

あるようでない様な話や趣味の話を披露しても

そりゃある程度は稼げるんだろうけれど

自分にとってそれがプラスになるだろうか

大抵の自分はポカーンとしていますが

頭の中は常にいろんなことを考えている

それをもう少し展開していけたら現実だって変わると思う

チルプロも脚色の大きい駒ばかりでみんな顔を見合わせている

等身大の自分を表すことで何かを掴むと思う

まとめ

自分の病気は社会病と認知しています

社会の仕組みが変わらなければ改善しない

と考えると他力本願なので

如何に社会に自分を馴染ませるか

そんでもって本音と建て前をそろそろ使い分けよう

良いところは良いと褒めても

建前で相手を立てることも必要

自分に自分で嘘をつくって凄く嫌だったよ

でもお金を稼ぐことや世渡りを憶えるにつれて

人間的に寛容になる事じゃない?大事なのは

ちょっと違う?

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中