困難即ち成功

勝つと少しの事が学べて負けると全ての事が学べるよ

(辛酸

辞めていた音楽を聴くことを最近また始めました

自分の中で鍛えられているとは思います

一度破壊されたノードを復活させるのは困難ですが自分なりに

ボチボチやってきます

じゃ

SHIFT

太陽のグラヴィティ

ここまでやるのなら脱帽するしかない

勝ったとか負けたとかじゃなくてもう投了

通勤にどれくらい時間がかかるのかばかり考えている

色々回って考えるものの

仕事は生き甲斐にしたいところですがしなきゃならないことをメインに回して

副業なり趣味を生き甲斐にすればいい

犬を飼いたいとは思わないけれど

いたらいたで可愛いんだろうな

最近市井で猫にガンつけられる度

猫って生き様は共感できるけれど友達にはなれねぇなぁと

犬があまり好きじゃないのは飼い主がいるからです

スポンサーがバックにいるから

そんなこと言えば女性なんてみんなそうだよって言うけれどね

上も下も見ないと言う愛子

結論から申し上げますと私はもう等身大のままです

背伸びもしないかといって屈折しない

欲もなるべく抑えて俗世をなるべく遠ざける所存です

と言うように本人しかわからないことがあるんだろうと思うけれど

上白石家との遭遇で何かが弾けたんだと思う

この辺りに宿命じみたものを感じる

両方とも母親が存在しないのですよ

基幹技術を持っているのは愛子だし

ダミーのお手本になっている上白石家

水と油なのは老人を大事にする皇族

若さに重きを置く 割愛します

と思うんだけれど単純すぎる発想かな

まだほかにも共存できない部位があって

開成と修猷館は共存できない

ファーストラブとラストラブの差異らしいけれど

初恋は最後の恋らしい、最後の恋は最初の恋らしい

月曜日

張り切っていきましょうと言いたい

そもそも失敗というのは困難な目に遭っていない事で

成功したらそこで終わりじゃないのかって自問

最近負けるイメージがしないのはこういう理由からかもしれないな

無意識に周りからプレスをかなりかけられている感じがするよ

アートマン

嫌いな人間をなぜここまで崇めるのか

新しいものは皆向こうからやって来るし

生活の根幹を支えているし

命を支えてもいる

向こうは自分の絶対性を認めたうえでやっていると

涼しげな顔で言っているけれど

要はいつでも一蓮托生なんだぞって言わんばかり

ここまで自分に食い込んでいる人はいないので比較の対象すらない

依存の度合いをどれくらい削れるかにかかっている

しかし

仕事を始めたら何かが変わると思っている

特に大学時代の中退劇は

今弄ってもどうにもならない問題だと思う

その先にある就職で見えるものがあると思ってはいたけれど

スーツ着てネクタイ締めて自己アピールして社交辞令は当たり前

どうにもならないかもしれない

まとめ

今日は趣味の話題を減らしました

あんまりやり過ぎると嫌気が射してきた

特にギブソン系は生命線ですね

マホガニーが年を喰うごとに熟成される

ギターって木材なのかピックアップなのか

それとも弾き手の腕前か

色々思うけれど

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中