光と私

7日間で宇宙は出来た

(聖書

最初に生まれたのが光と闇ですか。。。。

その方がシンプルな気がする

人を判別するとき色で判断していたら

深淵までは到達できなかった

〇×△□でおしなべたら

(まぁ宗教です

罰が当たる

何からっきょうの皮むきみたいで答えがない

自問自答は虚しくはあるんだが

100回に一回は着地する

独学も意識せずやってきたがここに来て壁がある

宗教というとてつもない壁

とりあえず今は避けて通ろう

ジェンダー、ジェネレーション、ジェヌイン、ジェネラル

それらを軽く凌駕している

じゃ軽めにウォームダウンしましょう

へっくしょん

もう既にみんな割り切って進んではいる

人間で言えば性器ですよ

根っ子が脳かな

だから根菜はかなり豊富

散々下半身は痛めつけられていて

残ったのがキク科しかない

食用菊って食べたことないんですけれど

どんな味?蒲公英は興味本位で食べたことがある(苦い

母親が花をいっぱい買っているのを見て

みんなみんなライブラリに残せないと愕然としてしまう

一応要素としてはカウントしていますが

植物ベース(クローン技術

(あんまり向こうは快く思わないネーミングかな

同じものを沢山作るのは植物ならでは

しかしこれだけ似通っていても区別はつくと言い張る

ダミーは動物的発想を脱ぎ捨てている

HD

作っていて思うことはやり過ぎなんではないかと

PZFも東京の一番得意な分野に勝つつもりでやったら

向こうも我に返ってしまった

馬鹿じゃないかしらって

しかし途中までは順調だった

何でもあると豪語しているから、ここでしかないものを作って

懐を探ろうとしたけれど

レインボー路線も強烈すぎて今じゃお蔵

少なくとも他社が4年真似できないものを目指してはいるものの

最近は武田ちゃんのキャンピングカーですか

ここまでくるともうハードにこだわる理由はないかも

辻と加護が控えてはいますが

もういいね

中華エミュ

動画で見るとドリキャスも動くんだね

サターンはアーキテクチャーの都合でエミュレーションできない

何か鬼の様に進歩していて

下手なゲームショーより刺激がある

しかしよぉ日本のメーカーも昔のライブラリをもう少し開放して欲しい

正規の金払ってやるのとじゃ雲泥の差だよ

需要はあると思うよ

AT

TEDの仕様書を書いている

ただ疲れる、、また可もなく不可もない

(性格に関してです

性悪になれとは言わないけれど敢えて茨の道を行くんだ

前述の通り中華エミュも市場に近づいてきている

新しい市場があるか出来上がる寸前

察しの通り自分人生次第で駒が世界がある

恋愛の結晶ともいえるこれらのダイキャスト

拘ることで生きる意味が見えている

植物

対峙するのではなく折衝しながらお互いを知る

うちらにもかかってるものがあるし

向こうも譲れないことがある

最近自彊館以外は皆規格が一緒だから

ちゃぶ台返しがあるんだろうなぁと

総括

今はクラシックミニが流行ってはいますが

中華エミュの方が遥かにニーズを捉えている

著作権の都合上あまり紹介しませんが

(ROM持ってないと違法

こういうアングラな世界も自分の一部なんだよ

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中