イデオロギーの先

やっぱりギブソンとは音楽性が合うんですよ

(松本孝弘

一応宣告しますがそろそろダイキャスト路線が限界に近い

飽和状態ですね

アカデミーが出た当時後ろからあれより強い部位は出てこんぞと言われて

なるほどと思い横ではなぬ、まだまだひと踏ん張りと思った

しかしあれ以来興国は出たけれどさしで通用するものは亡くなっている

富加の時は思わなかったけれどドイツの文化は日本に馴染む

特に企業名や団体の内容を知る度に似たようなものが日本にもある

まぁ戦闘力に限ったことじゃないけれど後は博打の世界だからね

愛アールの大綱を見て少しやる気が萎えた

ソニーもモノづくり辞めて保険や金融のイメージがあるし

シリコンバレーでデザイン中国で生産

なんか詰まんない

というわけで詰んでいる

じゃ甘酸っぱいようなやつ

日差しが強い

コロナの影響が少し緩んだので(それでも第二波がある

外に出ると太陽が俺だけを見ている(ちょっくら言ってみたよ

こんな日差しじゃ1時間も持たない

俺頭が坊主だから尚更痛い

熱視線が突き刺さる

クラウド化

もうライブラリは全部ブラウザベースで

文章も音楽も写真も動画も

というのも買い替える度にデータ入れ替えるの面倒

クラウドベースのなんたらがいっぱい出ると

そのうちOS要るっていう話になるかも

アカデミーの存在感

元々実業家との関係で生まれた

(まぁフィクションを交えますが

金欠で死にそうだった時に女社長に縋ればと浅はかだった

まだ20代くらいですか当時は欲望のまま

ミニバンに乗ってくる人がわんさかわんさか

今思うことですが金目当てに近づくと倍返しを喰らう

相手の人格を認めたうえで少し贅沢くらいで済めばよかったはず

一緒にいて思うことは常に動き回っていることです

電話も経理も雑務も一人でやる

その場にいるだけよかったので今思えば一番自分の使い方を分かっていたなと

FBやって思うことは空気を読むこと

これさえ守れば挨拶や社交辞令も後からついてくる

順番があまりにも遅すぎたのは理由があって

2chやツイッターの台頭を目の当たりにしている

もう人的整理をつけたい時期ではあります

ただセレヴやキャリアウーマンと違って実業家は物言わず

今じゃ一番肌に合う部類でもある

不思議なのはロシアでも中国でもない点

確かにドイツの産業だけれど

ここは赤っぽい

レッドブルとも呼んでいる

総括

とりあえず人間は産業を超えると金融業になって

最期は博打になる?

とりあえず今やっていることは感触が良くない

後味悪いというか気持ち悪いというか

バディを頓挫させたのは裏目に出るのか

アップルウォッチの次がアップルカードだなんて

金の前では為す術もなし

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中