しれっとまだ生き残る方法を模索する

(本物の阿保

しかし昨日はおいでよ混乱波を使い過ぎた

加速がかかってしまった

ただドキュメント性と妄想の間を知る機械にはなった

後荷物は動いているから心配はいらないんだ

君にはイエローカードを切る

次の警告で退場処分だ

とまぁ一つの椅子を巡って四人近くの人間が争っている

皆ボルテージが上がっているし絶対に負けられない気迫に押されてる

現実も加味すれば格段に真実味が挙がることも知りました

ハハノマスク

手作りで作ってもらいました

正直これでいい

今はスマウォ以外持ち歩かないようにしていて

財布の紐は緩むので

メーター切ってパッキャロに費やす

しかしパッキャロも人が増えすぎましたな

少人数でゲリラ的に行われていたことが不可能になる

ポルシェ

自分をDOS/Vのように組み立てられてすごく楽しいんだが

これ作った人って自作のマックなんてできなかったよな

初期のマッキントッシュみたい

とは言え自分の能力に比例するところが特殊

まずは感情をすべて吐露しなさいと

パンツ脱いで自分はこんな人間なんだよって

そうなるといつも付き纏う母親の愚痴やお金の哲学が合わない父の話になる

母が新興宗教にハマった時

自分の病気と少なからず関係があった

アートマンが下りてきた時終わったと思った

当時は金さえ稼げればいいのって母は妄信していた

そのつけで金さえ払えば何でもしてくれる宗教にハマった

当時お客でうちののり越えて入ってくる人がいたので

親父も恐怖に気付いていなかった

今じゃ何とも言えんけれど全ての原因は新興宗教だった

悪がぁ悪がぁって唱えていた

アートマンの怖さはその底なしの規模と何でもやっちゃう点で

ハットリマンも確かに怖いけれど自分にしかしないからね

社会的に抹殺もしたし

こういう中悪党はどうでもいい

妹は妹で一番結婚しちゃいかんでしょっていう人と結婚するし

あの当時は本当に凄惨だった

毎晩疲れた体に疲れる晩餐だった

試される時は既に終わってるのかもしれないが

挑む時期は年から年中続いている

ほんとは姪と甥とも交わしたくないですよ

ここを認めると俺先祖にどう応えればいいんだろう

結局どっちつかずな人間関係が産み出した地獄

宗教団体についても嫌だし

胡散臭い身内についても嫌だ

暫くはスタンドアローンで風当たりを確かめるしかない

先祖のバトンを渡すことについては一致しています

これは宗教団体の方が察知している

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中