走馬灯

30代でライフワークと呼べるものを見つけた

しかし今までの道は平たんではなかった

(es|say

10~20代というのはよくも悪くも欲望を追いかけていればそれでよかった

女の気を引いて上げ底をして

ただ自分と等身大の自分との乖離が顕著になり

ネガティブな友達もたくさんいたし

一言、大半が惰性で終わるんだろうな

漠然とした暗闇が襲いつつあった

そして病気の罹患

入院が続く、その中で25歳を超えたあたりから体のピークが抜けきってしまった

牽引してくれた身体も急に重くなった

30超えたあたりからかな自分の中で内面が変化した

これからは思考で局面を乗り切らなくては

打算と理解を使い分け、時に情熱、時にビジネスを使い分ける

ダイキャストと出会ったのもこのころでした後ブログを始めたのも

ネットの力も凄かったけれど何より牽引してくれる周りの力も凄かった

今までなんでこんな風じゃなかったんだろって逆に疑うくらい

カッコつけていたころ周りに何となく合わせていたころ

身体が全て反応してくれていたからこそだったのもある

ざっと年代順に語りましたが具に検証したい部分もあり

何が転機だったのか

自分では目星をつけている時期があります

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中