鬱と向き合うこと

病気は見方に依ればハンディにもなる

しかしアドバンテージにもなる

(人生観

20の時に鬱病に罹患してそれから20年間ずっと薬物療法でやってきました。

最初の頃は親とよく揉めてしまい(服薬の事で

初期は薬と病気に向き合えていなかったような気がします

この病気の恐ろしいところは順調な時はとことん順調で

それから落下するときはとことん落ちる

ブレーキのかからない車を操縦しているような感覚です

薬でドーパミンの分泌を抑えてその副作用止め(パーキンソン病の薬)を飲んで

睡眠薬で強制的に眠らせる

病気を病気で叩くとても複雑なメカニズムなのです

神経の病気だからすごく難病なんですよ

5~6年前から炭酸リチウムを呑み始めてこれが功を奏している

神経の波止めを担っています

このように薬物療法がとても自分には苦しく

最近は運動も取り入れています

ブログを始めたのはちょうど15年前

自分の病巣がはっきりしなかった時代

最初は何の為だろうって自問していたけれど

継続することで答えが見つかりつつある

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中